トイレ詰まりを自力で直す方法

悲劇は突然にやってくる!と言う言葉が妥当なトイレつまり。

001

本当に困りますよね。ラバーカップ(スッポン)があれば早いでしょうが、常に使わないし衛生上なんとなく、と常には置いていない家庭の方が多いのではないでしょうか?
原因が分かっているつまりなら、業者を呼んでまでは、と躊躇しますよね。しかも、自分の便が原因だと特にためらっちゃいます。
ラバーカップがなくても原因物さえ取り除けば解決することも多いので実践してみてください。

 

最初にする事

まず詰まっている物が何なのかを確認します。
紙と便ならOKですが、元々流れない物や玩具などが見えない位置に詰まった場合は、少し自分でするのは難しくなってきます。

 

詰まり物を確認したら

・ウォシュレットの場合はプラグを抜き、濡れない場所にコンセントを置いておきます。感電防止に濡れた手でコンセントなどは、触らないようにしましょう。
・詰まっているのに何回も水を流してしまった場合は、水の量によっては少し水を減らしてください。作業中に溢れてしまいますので。

 

 

自分で詰まり物を除去する方法

 

手で詰まっている物を取り除く場合

ナイロン袋などを利用し手に被せ、手で物を取り除きます。割り箸などで先に浮いている物を取ると少しでも手で触らなくてすみますよ。

トイレットペーパーや便などが主な場合は固まりが取り除かれれば一気に流れる可能性大です。ただ、奥の方まで入ってしまっている場合は少し難しいかもしれません。
その後、手を握りこぶしの状態にし、穴に手を突っ込み押して、引いてを何回か繰り返します。手がラバーカバーの変わりになるような感じで行います。
※この時、極力隙間を作らないようにすると吸引力と圧力がアップします。
詰まっていた残りの物が細かくなっているようであれば流してみます。
ズババ・・と音を立て流れていけば成功です。
使用後のナイロンなどは何重かにした他のナイロンに密封して捨ててください。

 

工程の整理として

1.詰まった物の確認
2.電源関係のコンセントを抜く
3.ナイロン袋を用意する(箸などがあると便利)
4.手が濡れないようにかぶせる
5.便器に手をいれ物をとれる範囲とる
6.手を握りこぶしにし、便器の穴に手をいれ、押しては引くの作業を繰り返す
※隙間ないよう手を穴にいれて行う
7.紙がくだかれたら一度流してみる
8.音をあげ流れていけばOK
9.まだ無理ならもう一度繰り返す

 

トイレ詰まりを防ぐには

・一度に大量の紙を流さないようにすること。
・本来、流してはいけないタイプの紙や玩具などを流さないこと。
・節水弁などを使用している場合や、ペットボトルなどを貯水タンクに入れている場合は特に大量の紙などを流さないようにしましょう。
・年数の古い家やマンションなどの場合は配管自体に汚れがこびりつき細くなっているので、配管自体を掃除するパイプマンなどを定期的にすることをお勧めします。

 

まとめ

急なトイレ詰まり本当に困りますが、慌てず対処してみてください。詰まってすぐだと、この方法でほぼ取り除けます。何が詰まったか分からず、目視できないようであれば、一度お電話でご相談ください。スタッフが応急処置の方法等をご説明させていただきます^^

関連ページはこちら

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

w_qanda w_irai w_tel001 割引きクーポン

w_nagare

w_eria