本当に困るトイレの詰まり!お湯を使って直す方法

トイレ詰まりって本当に困ります。常にラバーカップ(シュポシュポする道具)を置いておけばいいのですが、急に詰まるとは予測もしませんし、衛生面で置いておきたくないなどの意見も多いはず!
確かにラバーカップを使えば、便やトイレットペーパーくらいの詰まりなら簡単に直せますが、無い場合はどうすればいいのでしょうか?
ホームセンターに急いで買いに行く方法もありますが、その状態で置いてでるのも勇気がいりますよね。
そんな時は「お湯を使って直す方法」を試してみませんか!

 

何が詰まっているのかを把握する

ここポイントなんですが、何が詰まっているかでも直す方法は変わってきます。
トイレの詰まりの多くは大量の紙を一気に流してしまい起こる事が多いのですが、固形物(子どもの玩具、ボールペン、携帯)などを奥に落としてしまった場合に水を流してしまった場合は少し困った事になってしまいます。
排水管のSになっている部分に引っかかってしまい便器を取り外さなくてはいけなくなる事もあります。固形物が落ちた場合は流さないようにしましょう!

 

お湯を使って直す前に調べる事!

何が詰まったのかを把握する事です。紙詰まりなのか?固形物を落としてしまったのか?そこがポイントになります。
固形物を落とした場合はお湯で直す方法はできません。余計奥に入ってしまい事態を悪化させてしまいます。

 

まずが水を流してみよう!

トイレが詰まった時、急に流れていってくれる時ありませんか?以外に放置した後にバケツなどで水を流すと流れてくれる事もあります。
1.バケツに水を汲み高い位置から少しずつ流してみる(2~3リットルくらい)
2.流れているようであれば普通に1度レバーを回し流してみる。
※まだ詰まっているようであれば「お湯」を使う!

 

お湯で詰まりを流す方法

お湯を使う時は安全に気をつけてください。注意点は熱湯を使わない事!便器は陶器で出来ていますので、熱湯に弱く割れてしまいます。
お湯の温度は「40℃~60℃」が理想で触れる程度のぬるま湯でOK!
お湯を使う理由は紙類をふやかして流し詰まりを解消する為です。
1.便器に水がたくさん貯まっている場合は先にバケツなどで汲みだしておきます。詰まり物も取れる範囲では取ってくださいね。
2.お湯を沸かし詰まりの穴にかけ30分~1時間ほど放置します。
※お湯は冷めますので、途中でお湯を追加し様子をみます。

※重曹と穀物酢がある場合のお湯を使って直す方法

1.重曹1/4カップ、穀物酢1/2カップ、を便器にいれます。
2.お湯を便器の半分ほどいれ30分~1時間放置します。
※1時間くらいは放置した方が効果はあります。途中でお湯を追加し様子を見ながら溶けていそうであればレバーを回し流してみてください!

 

「まとめ」

テレビでお湯を使う方法が流れた時、便器が大量に割れる事件なども起こったほどだそうで、お湯の温度には気をつけてくださいね

関連ページはこちら

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

w_qanda w_irai w_tel001 割引きクーポン

w_nagare

w_eria