自宅のトイレが詰まってしまい、自分で直す場合にはラバーカップでの修理方法が一般的に知られています。

しかし自宅にラバーカップがないこともあるでしょう。

買いに行こうにも、トイレつまりが夜中に起きてしまったら、お店も閉まっていてラバーカップを購入することもできません。

こんな時にまず試してみていただきたいのが、お湯を使ったトイレつまりの修理です。

この方法ならどの家庭にもあるものを使え、しかも簡単に解消する場合もあります。

まずはこの方法を試してみて、それでもダメな場合はラバーカップを購入したり、トイレつまり修理業者を呼ぶなど、次の手を考えてみるべきでしょう。

 

 

どうしてトイレが詰まるのか

そもそも、どうしてトイレつまりが起こってしまうのでしょうか。

それは便器の排水構造が湾曲するように作られているからです。

便器の底には必ず水が溜まるようになっていますが、これは排水管がつながっている下水から匂いや虫、動物などが上ってこれないようブロックするために設けられています。

水が溜まっている部分は、便器内の排水路が湾曲している下側で、そこから一度やや上に向かって湾曲し、その後は排水管と繋がるよう下降しています。

つまりS字を描いているわけです。

そのため、大量のトイレットペーパーなどを一度に流してしまうと、詰まりやすくなってしまいます。

本来トイレットペーパーは水に溶けるものですが、大量に流してしまった場合には、完全に

溶け切らない部分がどうしても出てきます。

これがS字の排水構造内で詰まっているにもかかわらず、まだその上からトイレットペーパーが流れてくるのですから、詰まりが強固になっていくことが想像できるはずです。

 

 

お湯でトイレつまり修理をやっていい場合といけない場合

お湯を使ったトイレつまり修理には、やっても良い場合と、やってはいけない場合があります。

 

お湯を使うトイレつまり修理をやってもいい場合

お湯を使うトイレつまり修理をやっても良く、有効なのは、トイレつまりの原因がトイレットペーパーであることがはっきりしているケースです。

トイレットペーパーは水に溶けるよう作られているので、お湯を使って溶け切っていないトイレットペーパーを溶かしてしまう方法は非常に有効です。

 

お湯を使うトイレつまり修理をやってはいけない場合

トイレつまりの原因がトイレットペーパー以外の溶けない異物である場合には、お湯を使った修理をやってはいけません。

トイレつまりの原因に多い異物は、携帯電話や使い捨てカイロ、ボールペン、トイレットペーパーの芯、子供のおもちゃなどです。

これらはいくらお湯を流しても解けることはありません。

そればかりか、水やお湯を流してしまうと余計奥に入り込んでしまい、簡単には取れなくなってしまいます。

こうなると素人にはお手上げで、トイレつまり修理業者に依頼するしかありません。

しかも詰まっている個所によっては、便器を取り外すしか修理方法がない場合もあります。

異物を落としてしまったら、まず拾い上げるようにしましょう。

 

 

使用するお湯について

便器は陶器でできていますので、あまり高温のお湯を流してしまうと、表面にひびが入ったり、時には割れてしまうこともあります。

お湯の温度は、ぬるま湯程度の50度ほどのものを使うようにしましょう。

50度のぬるま湯に沸かす目安としては、少し泡立ちが出てきたり、表面から少し湯気がでてきた時がちょうど50度前後です。

ボコボコと泡立ったり、多くの湯気が出ているのは、あきらかに沸かし過ぎですので注意しましょう。

 

 

お湯を使ったトイレつまりの直し方手順

お湯を使うトイレつまりの直し方手順をご説明しましょう。

 

便器内に溜まっている水を汲みだす

便器内に水が多く溜まっていると、お湯を入れてもトイレットペーパーが詰まっている個所まで届かなくなります。

便器内に溜まっている水は、お湯を流す前に少しでも汲みだしておくようにしましょう。

 

ぬるま湯をバケツから便器に注ぐ

鍋などで沸かしたぬるま湯をバケツに移し、なるべく高い位置から流すようにして下さい。

この時に注意することは、決して一気にお湯を入れてしまわない事、そして便器の排水口をねらって注ぐことです。

一気に大量のお湯を流すと、便器内を流すことのできる水量の上限を超えてしまい、お湯が溜まるだけになってしまいます。

これでは効果は期待できません。

高い位置から水が溜まる箇所をねらって流せば、詰まっている個所まで勢いよく流れるので、効果が高くなります。

なお流すお湯の量は、便器の半分程度までとし、溢れないよう注意してください。

 

一時間程様子をみる

お湯を入れてすぐにトイレットペーパーが溶け、詰まりが解消されることもありますが、トイレットペーパーが溶けるまで時間が掛かる場合もあります。

一時間程は様子を見るようにして下さい。

それでも詰まりが解消されない場合には、上記の手順を最初から繰り返してみましょう。

 

 

何度繰り返しても効果がない場合

トイレットペーパーが詰まっているのであれば、お湯を流す方法でほとんどが解消されるはずです。

それでもダメな場合には、ラバーカップを購入して試してみるのも一つの方法です。

ただし、ラバーカップを使ってもトイレつまりが解消されない場合には、便器内ではなく排水管の何らかのトラブルや、トイレットペーパー以外の異物が詰まっていることも考えられます。

その時は迷わずトイレつまり修理業者に連絡する方が良いでしょう。

 

 

安心してトイレつまり修理を依頼できる業者へ連絡を

トイレつまりを修理してくれる業者は多くありますが、24時間体制でどこからの修理依頼でも受けられ、納得価格で修理してくれる業者は多くありません。

「つまり解消.PRO」なら日本全国どこからの依頼でも、24時間対応できます。

しかもお見積りは無料で、お見積り後のキャンセルも可能です。

実績400,000件の達成は多くの方から信頼をいただいていることの証です。

まずはお電話で相談なさってみてください。

きっと安心してトイレつまり修理を依頼できることがお分かりいただけるはずです。

 

 

関連ページはこちら

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

w_qanda w_irai w_tel001 割引きクーポン

w_nagare

w_eria