トイレ詰まりは時間に関係なく突然起こってしまいます。

トイレが詰まってしまうと、修理が終わるまでトイレを使うことができませんから、非常に困ってしまいます。

トイレ詰まりが起こる原因を知っていれば、ある程度防ぐこともできるはずです。

そこでどんな場合にトイレ詰まりが起こるのか、その原因についてまとめてみました。

 

トイレに流せるものを大量に流しているケース

トイレに流せるものなので、大量に流しても大丈夫と考え、詰まってしまうケースです。

大量のトイレットペーパー

トイレットペーパーは水に溶けるよう作られているため、一般的な量を流している分には詰まることはありません。

しかし便器やトイレの床を掃除したトイレットペーパーを大量に流したり、子供がいたずらで多く流してしまうと詰まることがあります。

またトイレットペーパーでゴミなどを包んで流そうとすると簡単に詰まってしまいます。

大量のトイレ用お掃除シート

最近のトイレ用お掃除シートは厚手で掃除しやすく、除菌までできるものもあります。

また汚れたらそのままトイレに流せるので非常に重宝されています。

しかし厚手になっている分、水に溶けるまで時間がかかってしまい、一度に多くの枚数を流すと簡単に詰まってしまいます。

大量の流せる猫砂

最近は猫をペットとして飼うのがブームになっていることもあり、猫砂を詰まらせてしまうケースも増えています。

猫砂は種類によってはトイレに流せるものもあり非常に便利ですが、一度に何回分かの糞をまとめて流すと詰まってしまいます。

また猫を複数飼っている場合も、複数の糞を同時に流してしまうため、詰まってしまいます。

 

流しても詰まらないだろうと思って流してしまうケース

本来はトイレに流してはいけないと知りつつも、少しぐらいなら詰まることはないだろうと思って流してしまい、詰まらせるケースです。

ティシュペーパー

ティッシュペーパーとトイレットペーパーは、見た目が非常に似ているため、少量ならトイレに流しても大丈夫だと思って流していると詰まってしまいます。

トイレットペーパーは水に溶けるように作られていますが、ティッシュペーパーは水に溶けにくく作られています。

ティシュペーパーはたとえ少量でもトイレに流してはいけません。

生理用品や子供用おむつ

生理用品や子供用のおむつは吸水性能が非常に高く、水を吸うと膨れていき、詰まりの原因になってしまいます。

これらの吸水性の高いものが便器内で詰まると便器そのものを取り外して修理しなければならないケースがあります。

また排水管の中で詰まると非常に修理が厄介で、修理費用も相当高くなってしまいます。

 

知らないうちに落として詰まっているケース

トイレで流すつもりがなかったのに、知らない間に落としてしまい、流したことで詰まってしまうケースです。

使い捨てカイロ

使い捨てカイロは腰に入れておくことが多く、トイレに入った際、知らない間に落としてしまいます。

特に使い捨てカイロは袋が破れて中身が出ないよう、丈夫な不織布が用いられています。

トイレに流すと確実に詰まってしまうので注意が必要です。

事務用品や携帯電話など

ボールペンや携帯電話などを仕事中にトイレに入った際、落としてしまうケースも多いです。

これらはもちろん水に溶けませんから、そのまま流してしまうとトイレ詰まりを起こしてしまいます。

落としただけで流れてしまうことはないので、落としたことに気が付けば取り出すことができます。

子供のおもちゃなど

子供がおもちゃなどを持ってトイレに入り、気が付かずに落としてしまうこともあります。

おもちゃは水に溶けませんし、子供は落としたことに気付かないでしょうから、そのまま流してしまって詰まらせることも多いようです。

 

節水などで水量を抑えて詰まってしまうケース

節水のために水量を抑える工夫を施しており、それが原因でトイレ詰まりが起こっているケースです。

貯水タンク内へのペットボトル設置

トイレの貯水タンク内にペットボトルを入れて、便器に流れる水の量を減らしているケースです。

水量が少なくなってしまうため、一般的な量のトイレットペーパーを流しても詰まってしまうことがあります。

水の元栓を締め気味にする

流れる水の量を少なくするために、トイレの水の元栓を締め気味にしてあるケースです。

トイレの水は貯水タンクに一度貯めてから流されるため、最初に水を流すときには通常の量が流れますが、続けて水を流すと少量の水しか流れなくなります。

一度のレバー操作でトイレットペーパーが流れれば問題ありませんが、一度では流れず、二度目に流そうとしても水の量が少ないため、詰まりやすくなってしまいます。

 

自分でトイレ詰まりを修理できるケースは少ない

トイレ詰まりの原因には上記以外にも色々なケースがあるでしょう。

トイレ詰まりが起こるとトイレが使えなくなるため、一刻も早く直そうと、自分で修理する人も多いです。

トイレットペーパーを大量に流してしまったなど、本来トイレに流せるものが原因で詰まってしまった場合には、自分で修理することも可能なこともあります。

しかしそれ以外の本来トイレに流すべきではないものを流して詰まっている場合には、自分で修理するのは難しいでしょう。

無理に流そうとすると、便器の中で詰まっていたものが排水管で詰まってしまうこともあります。

こうなると修理はトイレ詰まり修理業者に頼むしかなく、修理費用も相当掛かってしまいます。

早めにトイレ詰まり修理業者に相談する方が良いでしょう。

 

早めに「トイレ詰まり.PRO」にご相談ください

トイレ詰まりの修理業者は多いですが、24時間、全国どこからのご依頼にも対応でき、納得価格で修理してくれる業者は多くありません。

「トイレ詰まり.PRO」なら全国どこからのご依頼でも24時間対応いたします。

お見積りは無料で、お見積り後のキャンセルももちろん可能です。

トイレ詰まりでお困りなら、今すぐ「トイレ詰まり.PRO」にご相談ください。

 

関連ページはこちら

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

w_qanda w_irai w_tel001 割引きクーポン

w_nagare

w_eria