家にいる間であれば、必ず誰もが何度も使うのがトイレです。

トイレは生活していく上で必要な場所ですが、何らかの理由でトイレが詰まってしまい、困った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

トイレつまりの原因には色々なものがありますが、どのような場合なら自分で修理できるのでしょうか。

また自分で修理できる最も簡単な方法とはどのようなものなのでしょう。

詳しくご説明しましょう。

トイレつまりの原因とつまる箇所

トイレが詰まると便器の中の水位がいつもより高くなったり、流した水が少しづつしか減らないなどの症状が出てきます。

このような症状が現れたら、トイレが詰まっている証拠です。

トイレが詰まってしまう原因としては、以下のようなものがあります。

 

一度に多くのトイレットペーパーを流してしまった

トイレットペーパーは水に溶けるよう作られていますが、一度に多くのトイレットペーパーを流してしまうと、溶けることなくトイレつまりを起こすことがあります。

この場合には、便器内にトイレットペーパーが詰まっていることがほとんどです。

 

ティッシュペーパーを流してしまった

トイレットペーパーは素早く水に溶け、水と一体化することで流れやすくなっています。トイレットペーパーの代わりに水に溶けないティッシュペーパーを流してしまうと、原型をとどめたままの状態で流れていくため、トイレつまりの原因になります。

この場合も便器内で詰まっていることがほとんどです。

 

紙以外の異物を流してしまった

トイレに入った時に落としがちなのが携帯電話やカイロ、生理用品、子供のおもちゃなどです。これらを落としたことに気付かずにトイレを流してしまうと、トイレつまりを起こしてしまいます。

この場合も便器内で詰まっていることがほとんどですが、非常に取り出しにくく、万が一排水管に入り込んでしまうと大変厄介になります。

 

何も原因が思い当たらないのに詰まっている

上記にあてはまるものがないにもかかわらず、トイレが詰まってしまうケースもあります。

この場合は便器内で詰まっているのではなく、排水管内で何らかのトラブルが起きています。

 

 

自分で修理できるトイレつまりの範囲とは

便器内に何かが詰まっている場合は、自分でも修理できる可能性があります。

例えば大量のトイレットペーパーやティッシュペーパーを流してしまった場合などは、便器内で詰まっていることがほとんどなので、自分でも修理できる可能性があります。

ただし、紙以外の異物を流してしまった場合には、たとえ便器内に詰まっていたとしても自分で修理することは不可能です。

また排水管に何らかの原因がある場合も、自分で修理せず、トイレ詰まりのプロに依頼した方が良いでしょう。

 

 

トイレつまりの修理を自分でする前にやるべき事

トイレつまりを自分で修理する前にやっておくべき大切なことがあります。

それは以下のようなことです。

 

タンクの止水栓を閉めること

トイレが詰まっているにもかかわらず水を流してしまうと、便器から水が溢れ、床に浸水したり、階下に水が漏れることもあります。トイレタンクのレバーに誤って触れても水が流れないよう、必ずトイレの止水栓を閉めてから作業するようにしましょう。

 

ウォシュレットの電源を抜く

ウォシュレットはセンサーとボタンで反応し、シャワーで放水します。万が一、トイレつまりの修理中に反応させてしまってシャワーから水が放水されると、トイレの床が水浸しになることもあります。

ウォシュレットは必ずコンセントを抜いて反応しないようにし、コンセントも濡れた床に触れないようにしておきましょう。

 

汚れ防止のために新聞紙を敷き詰める

トイレつまりの修理では汚水が飛んでしまうこともあります。トイレの床を汚さないよう、便器の周りには新聞紙を重ねて敷き詰めるようにしましょう。万が一、水が跳ねても新聞紙が吸い取ってくれるので、安心して修理作業ができます。

 

 

トイレつまり修理の道具を準備

トイレつまりの修理を自分でやる場合には、必要な道具類があります。

これらの道具はスーパーやホームセンターなどで購入できますので、トイレがつまった時のことを考え、事前に揃えておけば良いでしょう。

●ラバーカップ(柄の先にお椀型のゴムが付いているものです)

●火バサミ

●バケツに水を入れたもの

●雑巾

●新聞紙

●ゴム手袋

ラバーカップは自分でトイレつまりを修理するための必需品です。

火バサミは詰まっていたトイレットペーパーやティッシュペーパー、汚物などが浮いてきた時、取り除くために使います。

バケツの水は詰まりが取れたと感じた時に確認の意味で少しづつ流して使ったり、床が汚れた時の拭き掃除にも使います。

 

 

トイレつまり修理の手順

新聞紙を敷き詰め、ゴム手袋をした後にトイレのつまり修理を始めます。

 

1、水位が下がるまで少し待ちます

便器内の水位が高い場合、ラバーカップで修理しようとすると水が溢れたり、飛び散ったりしてしまいます。

少しづつでも水位が下がってくるようなら、少し待つ方が良いでしょう。

この時、溜まっている水の中に紙や汚物があるようなら、火バサミで取り除きましょう。

 

2、ラバーカップで作業

便器にある穴に対して垂直になるようラバーカップをあてがい、正しく密着しているかどうか確認してください。

ラバーカップを穴に対して垂直にゆっくりと押し込みます。

押し込んだら、今度は最初のあてがった状態になるまでラバーカップを引き出します。

この作業を何度か繰り返して下さい。

この時に大切なのは、ラバーカップを引き出した際にラバーカップが便器から離れてしまわないよう、便器の穴に密着している状態にしておくことが大切です。

 

3、トイレつまりが通ったことの確認

ラバーカップを押し込み、引き出しを繰り返して、溜まっていた水が一気に流れていけば、無事にトイレつまりが修理できたということです。

この時に詰まっていたものが浮いてきたら、火バサミで取り除いてください。

バケツの水を少しづつ流し、確実に通ったかどうかを確認してください。

 

 

トイレつまりを自分で修理するならまずラバーカップから

トイレつまりを自分で修理する最も簡単な方法が、ご紹介したラバーカップを使った作業です。

この方法で解消されない場合には、お湯を使ったり、重曹を使った修理方法もありますが、

まずは最も手軽なラバーカップでの修理から取り組んでみるべきでしょう。

 

関連ページはこちら

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

w_qanda w_irai w_tel001 割引きクーポン

w_nagare

w_eria