トイレつまりが起きると、ほとんどの方はまずご自分で修理してみようとお考えになるはずです。

ご自分でトイレつまりを直すには、専用の道具はもちろんですが、身の回りにあるものでも修理することが可能です。

トイレつまりを修理する道具と修理方法についてご説明しましょう。

 

ラバーカップによるつまり解消

トイレつまり解消に最も効果のある道具がラバーカップです。

 

用意していただくもの

ホームセンターなどで売られているラバーカップをご用意ください。

ラバーカップには色々な形状がありますが、どの形でもほとんどのトイレに合うはずです。

作業準備

トイレの床に汚水が飛んでも汚れないよう、新聞紙などを敷き詰めてください。

便器内のたまっている水にトイレットペーパーや汚物が浮いている場合には、事前に取り除いておいてください。

また便器内の水が多すぎるとラバーカップを使った際に水が飛び出してしまうため、あらかじめ水の量を便器から10cmほど下に来るよう、くみ出しておいてください。

ラバーカップの使い方

便器の底の穴を塞ぐようにラバーカップを押し付け、そのままゆっくり押し込んでください。

押し込めなくなったら、今度はゆっくり引き戻すを繰り返してください。

引き戻す際に、ラバーカップが便器から離れないようにするのがコツです。

 

お湯とバケツによるつまり解消

どのお宅でも用意できるお湯とバケツを使ったつまり解消法です。

用意していただくもの

50度程度の熱すぎないお湯をバケツに入れておいてください。

作業方法

バケツのお湯を便器の底にある穴に向かって勢いよく流し込んでください。

流すお湯の幅は便器の穴と同じ程度の幅になるように流すのがコツです。

ただし、お湯が便器からあふれてしまわない程度の量にとどめておくようにしましょう。

 

重曹とお酢によるつまり解消

料理などにも使う重曹と、穀物酢などを使ってつまりを解消します。

用意していただくもの

ホームセンターやドラッグストアなどで売られている重曹と穀物酢もしくはクエン酸、そして50度ほどのお湯を用意してください。

作業準備

便器に水や汚物、トイレットペーパーなどがたまっている場合にはくみ出しておくようにしましょう。

作業方法

重曹を便器の穴に入れます。

量は150gほどの量があれば十分でしょう。

その後、重曹の上から穀物酢やクエン酸などを重曹の半分程度の量、流します。

お酢を流すと重曹が泡立ってきますので、50度のお湯を便器の半分ぐらいになるまで注ぎます。

 

ワイヤーブラシによるつまり解消

長いワイヤーの先にブラシが付いたワイヤーブラシを使ってトイレつまりを解消する方法です。

用意していただくもの

ホームセンターなどで販売されている1m~3mほどの長さの先にブラシが付いているワイヤーブラシをご用意ください。

作業準備

作業で汚水が飛び散ってしまうことがあるため、トイレの床に新聞紙を敷き詰めておくようにしましょう。

また衣服は汚れても良いものに着替え、ゴム手袋とマスクなども着用した方が良いでしょう。

作業方法

ワイヤーブラシを便器の穴からゆっくり差し込み、詰まっているものをかき出す、削り落とすなどのイメージで動かしてみましょう。

トイレつまりはほとんどの場合、便器内で詰まっているため、それほど奥まで押し込む必要はなく、数10cmほどで解消するはずです。

 

ハンガーによるつまり解消

針金のハンガーをワイヤーブラシの代わりに使うこともできます。

用意していただくもの

針金などの上にビニールコーティングしたハンガーをご用意ください。

作業準備

ハンガーを伸ばし、先端だけを丸く曲げておきます。

丸く曲げることで、便器や排水管などを傷つけることがなくなります。

作業方法

伸ばしたハンガーをゆっくりと押し込んでいき、つまりの原因になっている個所を探していきます。

つまっている個所を見つけたら、少しづつハンガーを動かして、つまっているものを削り取っていきましょう。

 

ビニール袋によるつまり解消

ビニール袋を使ってトイレのつまりを解消できる場合もあります。

用意していただくもの

スーパーやコンビニなどで買い物した際のビニール袋を2~3枚ほどご用意ください。

袋はあまり小さなものでは使いづらいので、ある程度の大きさのあるものを用意しましょう。

またフェイスタオルも用意しておきましょう。

作業準備

汚水が飛び散る可能性があるので、トイレの床に新聞紙を敷き詰めておきましょう。

またビニール袋は2~3枚を重ねておきます。

作業方法

重ねたビニール袋の中に手を入れ、握り拳を作り、便器の穴に拳を入れていきます。

拳をなるべく奥まで入れ、ラバーカップの要領でゆっくりと動かしてみてください。

この時、便器の穴と拳に隙間があるようなら拳にフェイスタオルを巻きつけ、拳と便器の穴の大きさがぴったりになるように調整してみてください。

 

ペットボトルによるつまり解消

ペットボトルでトイレつまりを解消する方法です。

用意していただくもの

便器の穴の大きさに近い径のある、空のペットボトル数本をご用意ください。

一般的には500mlのペットボトルがちょうど合う大きさです。

作業準備

ペットボトルの底部分をカッターナイフやハサミなどで切り取って、フタは外しておいてください。

またトイレの床には新聞紙を敷き詰めておくようにしましょう。

作業方法

ペットボトルの切り取った側から便器の穴に差し込み、奥まで入れたらゆっくりと引き出してきます。

つまりラバーカップの要領です。

ペットボトルの飲み口部分を手で押さえながら差し込み、奥まで差し込んだタイミングで手を放すとつまり部分の水が大きく動きます。

引き抜く際にはまた飲み口部分を押さえながら引き抜いてきます。

 

自分で解決できない場合にはつまり解消プロへ

ご家庭にあるものや、購入しやすいものを使ってご自分でトイレつまりを解消できる方法をご紹介しました。

しかしこれらの方法が有効なのは、つまっている原因がトイレットペーパーなどの場合で、しかも便器内で詰まっている場合に限られます。

水に溶けない異物が引っ掛かっていたり、排水管の中で引っかかっている場合、無理に取り出そうとすると余計奥に入り込むこともあります。

自分でトイレつまりを直せるのは、大量のトイレットを流したと確信できる場合のみにしておく方が賢明でしょう。

また万が一、自分で直せない場合には、24時間、全国どこからのご依頼にも即座に対応できる「つまり解消.PRO」にお電話ください。

納得いただける価格で修理させていただきます。

もちろんお見積り作成後のキャンセルも可能ですので、たとえ真夜中であっても、どんな場所からでも、安心してご相談ください。

 

関連ページはこちら

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

w_qanda w_irai w_tel001 割引きクーポン

w_nagare

w_eria