■はじめに

トイレが詰まってしまって困ったことのある人は多いと思います。水が溢れてきそうになるのって恐怖ですよね。トイレが詰まってしまう原因はいくつかあります。まずはトイレットペーパーやティッシュペーパーなどが詰まってしまうパターン、便などの汚物が詰まってしまうパターン、携帯電話やボールペンなど本来トイレには入れないものが落ちてしまって詰まってしまうパターン、トイレの奥の方の配管が詰まってしまうパターンなどなど。トイレが詰まってしまう原因というのはとてもたくさんあります。トイレが詰まってしまった場合、業者さんに修理を依頼する方法があります。確かに業者さんなら確実に修理でトイレつまりを解消してくれるはずです。でも、修理を依頼すれば当然お金もかかります。トイレつまりは自分で解消できる場合も多いので、まず修理を依頼する前にできるトイレつまりの直し方をいくつかご紹介したいと思います。

 

■ラバーカップを使ったトイレつまりの直し方

トイレつまりを対処する方法でもっとも手っ取り早いのはラバーカップを使った方法です。ラバーカップは別名すっぽんとも言います。
ラバーカップを使ったトイレつまりの直し方ですが、まずトイレの水がたまっている排水口にラバーカップを突っ込みます。そのあと穴をふさぐようにラバーカップを当てて、水を押し出すような感じでラバーカップを押しこみます。そしてゆっくりと押し当てたラバーカップを戻します。この動作を3回から4回ほどするとたいていの場合はトイレつまりが解消します。これで解消しなければラバーカップを再び押し当てて小刻みに揺らしてみます。これがラバーカップによるトイレつまりの直し方です。

 

■ラバーカップがない場合はバケツを用意する

ラバーカップが自宅にない場合もあります。そんな時でも業者さんに修理を依頼するのはちょっと待ってください。バケツが有ればトイレつまりが直る場合もあります。
バケツによるトイレつまりの対処方法は、まずバケツに水をいっぱい入れます。そのあとに高い位置から詰まっている排水口めがけて水を流します。こうすることでトイレに詰まっていたものに圧力がかかってトイレつまりが解消する場合があります。この対処方法で注意してほしいのがバケツの水を低い位置から一気に流す方法です。この方法だと以外にも水の勢いが出ずにつまりを解消できない場合があります。トイレつまりの直し方はこのように身近なものでもできるのです。

 

■バケツの水で対処できなかったらお湯を使う

トイレつまりの直し方をこれまで2つお伝えしましたが、これでも直らない場合はもちろんあります。さすがに業者に修理依頼しなければならないと思うかもしれませんが、あと一つ試してほしいことがあります。それがお湯を使った対処法です。
お湯を使った対処方法ですが、40度から50度ぐらいにお湯を沸かしてそのお湯を便器の排水口に投入します。そして30分から1時間ほど放置します。この方法は、お湯によってトイレの詰まりの原因となっているものを溶かすことで効果が出ます。また、お湯を入れたときに重曹を計量カップ半分、お酢を計量カップ1杯ほど入れるとよりつまりの原因となっているものを溶かして効果的です。

 

■おわりに

このようにトイレつまりの直し方、対処方法はいろいろあります。これらを試してみてもどうしてもトイレつまりが解消しないときは業者さんに修理を依頼しましょう。

関連ページはこちら

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

w_qanda w_irai w_tel001 割引きクーポン

w_nagare

w_eria