トイレがつまると、すぐに直さなければと焦ってしまう方が多いのではないでしょうか。とりあえず水を流そうとすると、便器から水があふれてしまいます。落ち着いて対処すれば、簡単につまりは解消されるので、1つずつ方法を試していきましょう。

大がかりな道具を使う場合もあるので、業者にトイレつまりの解消を依頼することも1つの手段です。ここでは、トイレつまりの対処法をトイレつまり解消.PROが解説します。

バケツやペットボトルで水やぬるま湯を流す


トイレットペーパーのような、水に溶けるものがつまった場合には、水やぬるま湯を流しましょう。高いところから少しずつ注いでいくことがポイントです。ペットボトルやホース、バケツなどを使って流しましょう。水を流すと同時に空気を便器の中へと沈めるイメージを持つことが大切です。

 

水を入れると水位が上がりますが、トイレットペーパーなどのつまりの原因が取り除かれると、流れていくようになります。それまではレバーで水を流さないようにしましょう。 便器があふれそうになってもつまりが解消しない場合は、他の方法を試してください。  

 

水よりもぬるま湯の方がトイレットペーパーを溶かしやすいのですが、熱湯はNGです。便器が変形したりひび割れたりする恐れがあります。50度ぐらいのぬるま湯を使いましょう。また、洗剤を入れてから水やぬるま湯を流すと、さらにつまりが解消しやすくなります。

 

重曹と酢を1:2の割合で使うこともおすすめです。重曹の量は、計量カップの半分~4分の1程度にしましょう。

ラバーカップを使う


ラバーカップは、いわゆる「ズッポン」や「ガッポン」などと呼ばれる道具です。棒の先にゴム製の半球がついています。先端を便器の排水口に押さえつけ、手前に引くことで、ゴムが元の方に戻るときに発生する力によって水流が作られます。

 

水流が作られるときに水が周りに飛び散るため、透明のビニールシートを便器に被せ、ラバーカップを通す穴を開けましょう。ラバーカップを使うときは、排水口に押さえつけたラバーカップを勢いよく手前に引き戻しましょう。

 

また、すでに水位が上がって便器から水があふれ出そうになっている場合は、バケツなどでくみ出してからラバーカップを使ってください。水位が上昇している状態でラバーカップを使うと、タンクの排水弁が開くことで水があふれる恐れがあります。

 

ラバーカップを使ってつまりが解消されたと感じたら、バケツで水を勢いよく流してみましょう。つまりが解消されていなければ、水位が上昇します。便器から水があふれ出ない程度の量を流しましょう。なお、ラバーカップを使ってもつまりが解消しない場合、少し待つことでつまりが解消されることがあります。翌朝まで待ってみてもいいでしょう。

真空式パイプクリーナーを使う

真空式パイプクリーナーは、ポンプ付きのラバーカップのような道具です。ラバーカップよりも勢いよく引き戻せるため、それだけつまりが解消されやすくなります。ただし、勢いが強いだけ汚水が周りに飛び散るリスクも高いため、コツをつかむまでは慎重に作業しましょう。

 

なお、排水口のサイズに合ったものを使わなければ、うまく水流を起こすことができません。目安として、17cm程度の幅の真空式パイプクリーナーを選びましょう。排水口が大きい場合は、大きいサイズのものが必要です。

ワイヤーブラシを使う

真空式パイプクリーナーでもトイレつまりが解消しない場合は、ワイヤーブラシを使ってみましょう。細長い金属製のバネになっており、先端部分がバラけています。そのため、排水口の奥にあるつまりの原因を崩しやすいのです。ワイヤーブラシは業者が使うことが多いのですが、素人でも使うことができます。慣れれば、様々なつまりの原因を取り除けるようになるでしょう。

 

ワイヤーブラシは、ある程度の強度がないと途中で曲がってしまいます。そのため、ある程度の硬さのあるものを選ぶことが大切です。価格帯は2,000~5,000円と幅広く、あまり安すぎるものは強度に問題があるかもしれません。実際に触って確認することをおすすめします。

 

また、長すぎると、それだけ強度を保つことが難しくなります。2~3m程度先にあるつまりを解消できるものを選びましょう。さらに奥のつまりは、業者に依頼することをおすすめします。ワイヤーブラシを使うときは、ラバーカップのときと同じように、穴を開けたビニールシートを便器に被せましょう。

 

排水口に入れるときは、ねじりながら進めていくことがポイントです。つまりの原因に届いたら、手前に引いたり引っかけたりして崩していきましょう。ワイヤーブラシは、隙間に汚れがつまることもあり、洗うのに手間がかかります。場合によっては、使い捨てにしてもいいでしょう。

高圧洗浄機を使う

高圧洗浄機は、強い水圧によってトイレのつまりを解消できる道具です。洗車などに使うことが一般的ですが、トイレのつまり解消にも使えます。確実に水が飛び散るため、ラバーカップなどを使うときと同じようにビニールシートを便器に被せましょう。

便器の排水口から高圧洗浄機のホースを通して、便器の底の曲がっているところにまで突っ込みます。そして、スイッチを入れて水を噴射しましょう。なお、汚物を押し込んでつまりを解消するため、固形物に対して使ってはいけません。 汚物をさらに奥に押し込むことで、大がかりな対処法が必要になります。  

 

高圧洗浄機でつまりが解消したと感じたら、バケツやペットボトルに汲んだ水を流して、つまりが解消されたか確認しましょう。

便器を取り外してつまりの原因を取り除く


便器を自分で取り外して、つまりの原因を除去する方法もあります。ただし、専門的な作業になるため、時間と手間を考えると業者に依頼した方がいいでしょう。費用を節約したい方は、試してみてもいいかもしれません。

 

まずは、止水栓を締めて水を止めましょう。マイナスドライバーで簡単に締められます。続いて、給水管をモンキレンチで取り外します。そして、タンク内にある水を灯油ポンプなどで取り除いてください。ただし、一度灯油に使ったものは使わないようにしましょう。

 

次に、タンクを持ち上げて取り外します。続いて、便器を固定しているナットを外し、便器を持ち上げます。そうすると、つまりの原因となっているものが見えるので、取り除きましょう。後は、逆の手順で便器とタンクを元に戻せば完了です。

業者に依頼した方がいいケース

トイレのつまりは、時間が経つと自然に水位が下がることがほとんどです。全く水位が下がらない場合は、重度のトイレつまりの可能性があります。 業者に依頼した方が、早く楽につまりを解消できるでしょう。  

 

また、つまりの原因が何かわからない場合も業者に依頼することをおすすめします。 つまりの原因を奥に押し込むことで、修理費が高額になる場合があります。  

まとめ

トイレつまりは、自分で対処できます。ただし、時間が経っても水位が変わらない場合やつまりの原因が不明な場合は業者に依頼した方がいいでしょう。業者に依頼することで、スピーディにトイレつまりを解消してもらえます。

また、つまりの原因に合わせて適切に対処してもらえるため、便器が故障する心配もありません。トイレは、生活において必要なものであるため、できるだけ早く解消したいところでしょう。

関連ページはこちら

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

w_qanda w_irai w_tel001 割引きクーポン

w_nagare

w_eria