家庭用トイレで起こるトラブルとして多いのが、「水が止まらなくなってしまう」というもの。

実際に水が止まらなくなり、ずっと流れっぱなしのような状態になっていると、水道代も心配になってきますよね?

こういったトイレの水が止まらなくなってしまうトラブルは、原因さえ突き止めることができれば自分で対処できる場合もあります。

そこで今回は、トイレの水が止まらなくなってしまう主な原因と修理が必要な箇所の確認方法、そしてそれらのパーツの修理方法について解説していきます。

どこの家庭でも起こりうるトラブルなので、しっかりと対処法を把握しておくようにしてください。

トイレの水が止まらない原因はタンクにある場合がほとんど

最新のタンクレストイレなどを除き、ほとんどのトイレには洗浄用の水を貯めておくタンクがついていますが、トイレの水が止まらなくなってしまった場合その原因はタンクにある場合がほとんどです。

トイレのタンクの中にはトイレの水を貯めておき、レバーを引いたときに流れるよう、いくつかのパーツが内蔵されています。

しかし、それらのパーツは消耗品であるため、何年〜何十年も同じものを使用していると、どうしても劣化していってしまいます。

そしてそれらのパーツが劣化してしまうと、トイレの水が止まらないといった不具合が発生してしまうわけです。

トイレの水が止まらないときの対処法(対処順)

トイレの水が止まらなくなってしまう原因について把握できたところで、実際にトイレの水が止まらなくなってしまった場合の対処法についてみていきましょう。

トイレの水が止まらないときの対処法は、

  1. 止水栓を締めて水を止める
  2. タンクのフタを外してタンク内を確認する

の2つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

1:止水栓を締めて水を止める

トイレを含む家庭内の水回り部分には必ず止水栓があります。

トイレの場合だと、タンクの左右どちらかのスペースにある場合がほとんどですね。

止水栓はトレイのタンク内の水量を調節する働きを担っているので、タンク内の不具合が起きている箇所を確認するためには止水栓を止めなくてはいけません。

なので、まずは止水栓を締め、水が出てきてしまうのを防いであげましょう。

止水栓は蛇口をひねって締めるタイプのものとマイナスドライバーを使って締めるタイプのものとがあるので、それぞれに適した方法で対応するようにしてください。

2:タンクのフタを外してタンク内を確認する

止水栓を締めてそれ以上水が入ってくるのを防いだら、タンクのフタを外してタンクの中を確認していきます。

このとき確認する箇所としては、

  • 浮き玉とゴムフロートをつなぐ鎖が絡まっていないか
  • ボールタップが緩んでいないか
  • パッキンが劣化していなか
  • ゴムフロートが劣化していないか
  • オーバーフロー管が劣化していないか

などがあげられます。

これらのパーツに不具合が起きていることで水が止まらなくなってしまっている場合、修理が必要です。

自分で出来る主な対処法

3D render of a plumber fixing a leak

タンクのフタをあけて問題のある場所を確認できたら、それぞれ以下の方法で対処していきましょう。

浮き玉とゴムフロートをつなぐ鎖が絡まっている場合

タンク内の浮き玉とゴムフロートは鎖でつながっていますが、これが絡まってしまうとゴムフロートが正常に動作せず、水が止まらなくなってしまうことがあります。

この場合、鎖が絡まっているのをほどいてあげることでゴムフロートが正常に動作し、不具合を解消できるようになります。

ボールタップが緩んでいる場合

ボールタップが緩んでいることで水が止まらなくなってしまっている場合、ボールタップの緩みを直してあげることで不具合が解消することができます。

また、ボールタップの緩みではなく破損などによって水が止まらなくなっている場合はボールタップを交換してあげましょう。

パッキンが劣化してしまっている場合

タンク内には、水漏れを防ぐためにさまざまな場所にパッキンが配置されています。

パッキンが劣化してしまっていると水が止まらないなどの不具合の原因となるので、新しいパッキンに交換してあげるようにしましょう。

ゴムフロートが劣化してしまっている場合

ゴムフロートはタンク内のフタのような役割を果たすパーツです。

このゴムフロートが劣化してしまっている場合、上手くフタの役割を果たすことができず、トイレのレバーを離しても水が止まらなくなってしまうことがあります。

この場合は、新しいゴムフロートへの交換が必要になります。

オーバーフロー管が劣化してしまっている場合

トイレのタンクの中には、水があふれるのを防ぐ目的としてオーバーフロー管というものが設置されています。

長年の使用によりオーバーフロー管が劣化してしまうと、トイレの水が止まらなくなる原因となってしまいます。

そうなった場合、オーバーフロー管を交換してあげることで対処することができます。

自分で修理できそうもないときは?

トイレの水が止まらないときの対処法について詳しく解説してきましたが、タンク内のパーツの交換などを自分で対処するのはなかなか難しいものです。

また、無理に修理を進めて余計ひどくなってしまうようなパターンも珍しくありません。

もし自分で修理するのが難しそうなときは、無理せず専門の修理業者に修理を依頼するようにしてください。

我々「トイレつまり解消.PRO」では、トイレの水が止まらないなどのトイレのトラブルに格安の料金で対応させてもらっています。

24時間いつでも修理依頼を受け付けているので、いつでもご連絡ください!

関連ページはこちら

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

w_qanda w_irai w_tel001 割引きクーポン

w_nagare

w_eria